2009年09月07日

押尾学被告を死亡女性の両親が民事提訴も


麻薬取締法違反(使用)で起訴、保釈された俳優、押尾学被告(31)と同じ部屋にいて、遺体で見つかった女性(享年30)の両親が6日、
⇒ranking



小倉優子のお気に入りサプリメント
岐阜県内の実家でサンケイスポーツの取材に応じ、娘の死について「警察の捜査を信じて待っています」と訴えた。

立件見送りとも伝えられる中での悲痛な胸の内。押尾被告に対する民事提訴の可能性については「ケースバイケースで」と語った。

 四方を小高い山々に囲まれたのどかな農村地帯。両親はこの日、前日に営んだ三十五日法要の片づけに追われていた。

 押尾被告が先月31日に保釈されたことについて、女性の母親(52)が「薬物使用についての事件での保釈ということは、分かっています。

でも、警察は娘の死をもっと調べて追及してほしい」と何度も強調。警視庁が押尾被告を保護責任者遺棄罪などでも立件することに強い期待感を示した。

 東京・銀座のクラブホステスをしていた女性が亡くなったのは先月2日。

六本木ヒルズのマンションで押尾被告と一緒に合成麻薬MDMAの錠剤を飲んだことが死につながったとみられる。

女性が死んでから押尾被告の呼んだ知人が119番するまで3時間も経過していることや、女性の携帯電話がマンション植え込みで発見されるなど謎も多い。

 父親(61)は時折、警視庁の担当者に電話で聞いているが、「捜査中で何も言えません」の一点張りといい、じっと待つばかり…。

 また、押尾被告に対し損害賠償や慰謝料などを求める民事提訴の可能性について、父親は「ケースバイケースです」と明言。

母親も「娘の死が事件化されず、真実が明らかにならないときは…」と語り、2人とも念頭にあることを明らかにした。

押尾被告からはまったく連絡がないそうで、母親は「連絡がほしいわけじゃないけど、電話1本ない」と憤りをあらわに。

弁護士や前所属事務所のエイベックスからも連絡はないという。

 6月には東京に2泊3日で旅行し、長男(29)をまじえた一家4人で居酒屋に行くなど楽しんだばかり。

「娘には(人生を)楽しませてもらいました」と父親が言えば、母親も「明るくて元気でサバサバとした娘でした」と振り返ったが、真実が明らかにならない以上、悲しみは深くなるばかりのようだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090907-00000031-sanspo-ent
芸能ゴシップ


芸能人秘密のお宝写真館
大底銘柄を掴む!
医療植毛治療で悩みとサヨナラしませんか?
TBSで人気の10歩ダイエットのウェア


おすすめ記事
後藤真希の本性
牛・巨乳タレント、MEGUMIと小池栄子の明暗
ジャニーズの横暴
リポーター梨元勝がTVに出なくなった訳
KAT-TUN田口と、小嶺麗奈の写真流出
ちょっと気になるニュースTOP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

バスト悩み 胸を大きく バスト大きく メタボ ダイエット

痩せたい 痩身 

美容 整形

為替fx fxデイトレ fx取引

ロト6セレブ ロト6当たる

株儲ける ネット株 株入門 株初心者

アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。